エリス嬢の話【文スト夢注意】

夢主 文スト 足立一之
Today:1 hit、Yesterday:2 hit、Total:1026 hit

Best : 20 , Updated:






俺は13になるまで、陽の光を浴びることはできなかった。
時間に関係なく電灯が煌々と照らす、四方八方が黒いコンクリートで固められた四角い箱。
大股五歩で行き着いてしまうほど狭いこの世界で、俺は24時間鎖に繋がれて生きていた。

暗くて、狭くて、心を動かすものが何一つ存在しない場所。
この地下牢は、感情という干渉不可能の領域で威力を決定づけられる異能者を閉じ込めておくにはもってこいだ。

そのように考え、全てを諦めることができれば、狭い檻の中でも居心地は悪くない。12だった俺はそれを悟り、

毎日 知らないことを頭に入れることだけを繰り返していた。

「こんなところにいたらダメ」

……このように、他人に言われることなく過ごしてきたのだ。
それまで何の疑問も湧かなかったのも我ながらおかしな話だと思うが。
俺はその時初めて、他人から声をかけられるという行為に応対する意識が湧いたのだった。

「……なに?」

甲高い声がして振り返ると、鉄格子の向こうには光をいっぱいに含んだように輝く何かが居た。

真紅のドレスがひらひらして、このような光を通さない闇の中でも透明に瞬く青い瞳が強気に俺を射抜いている。

綺麗な、女の子だ。
その白くてふわふわした手が黒の柵を越えて、俺にまっすぐに差し出されていた。

「………君は、」
「どうだっていいじゃない。ここよりも、ずっと本を読むのに向いてる場所を知ってるの!」

俺がどうしてここにいるのか知ってるの。俺が、誰だか、わかってて言ってるの。俺なんかを助けたらどうなるかわかって言ってるの?
聞きたいことはたくさんあった。
そのどれも、俺が彼女に尋ねる前に『どうだっていいわ』の一言で済まされてしまう。
それでも俺が手を取らないのを不機嫌そうに睨みつけながら、彼女は青い目を細めて言った。

「なにしてるの?こんなところにいたら、おかしくなっちゃうわ」
「…貴女こそおかしなことを言うね。前提を間違えてる。ここを出ようとする方が正気じゃないんだ」
「……怒られるの?」

怒られる、どころじゃないよ。
いや。まさかそんな血生臭いことは彼女に言えまい。
それでも不安を少しでも減らしたくて、俺は何も言わずに彼女の言うことに頷いた。

「それなら、怒る大人にこう言いなさい。『エリスちゃんと遊んで居ました』。魔法の言葉なのよ!」

私を誰だか知ってるの?
そう続けて笑う彼女は自信に満ち溢れていて、可愛いともカッコいいともつかない、不思議な魅力があるように思われた。

「(きれいな、おんなのこ)」

それから あっという間に俺を連れ出して、誰の目にも止まらずに駆け抜けていく姿は流れ星みたいだった。
檻から連れ出す貴女の後ろ姿を、
その金の髪が揺れるのを、俺はずっと眺めていられると思った。

//p02.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2F9%2F7%2Fe%2F97e515b7b156443940fd1cb8cc71a98d.jpeg&w=600&h=&ext=1&zc=

//p01.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2Fa%2Fa%2Fd%2Faad8e60ab2cacd6743b87a28e23dfe3a.jpeg&w=600&h=&ext=1&zc=

//p01.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2F5%2Ff%2F9%2F5f943d0e6913959dd5d62baa4a297624.jpeg&w=600&h=&ext=1&zc=

//p02.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2F2%2F4%2Ff%2F24f9e013aa5c2889ce2e8626eb3a0dbd.jpeg&w=600&h=&ext=1&zc=

アバンギャルド・マボ


Flag post / Block



(絵は描けないけど文字じゃなくて漫画にしたい話もあるから完全二律背反)

アバンギャルド・マボ


エリス嬢は自分の意思というものがあるにせよ、異能力生命体である以上 主人(鴎外)の決めた設定通りに動いてるんですよね。
そう思うとどこまでがエリス嬢の意思なのか、鴎外さんの隠れた意思なのかがわからなくて 彼女の言動を意味深に感じてしまいます。

個人的に 組織の長として【私】を捨てなくてはならない鴎外さんが、彼女に密かに自分の願望を無意識のうちに託していたら悶えます。

(先ほどの行動が森さんの命令か、エリス嬢の意思なのかはご想像にお任せします)


アバンギャルド・マボ


うわぁぁあ✨
このシリーズ大好きです!!!
スゴい…
どうやったらそんなにいきいきとしたキャラを描けるのですか😫
設定が深いですね…確かにどこまでがエリス嬢の意思なのか考えさせられますね…
もう、好きです(突然)
すみません取り乱しました🙇
陰ながら応援してます😌フォロー失礼します✨


空月


惚れるに決まってるわこんなの←
いやぁ、足立くんがエリスちゃんに惚れた理由が分かりました。こんなの私も惚れる。
足立くんとエリスちゃんの可愛さとおまけじゃないレベルのおまけに悶えてましたほんとありがとうございます。


桜来


空月さん》
フォロー&コメントありがとうございます!シリーズとして認識してくださっているのが非常にありがたい!!!ここで出しているのはイラストですが、小説の方が本編ですのでそちらも是非……。
最近絵を描くに楽しさに目覚め(描けない)、思いついたのを描いて見たりしているのですが、書く媒体は平面なのに立体のものを描かなきゃいけないのが難しいなぁと思うこの頃です。

エリス嬢しんどみが深い……


アバンギャルド・マボ


桜来さん》
エリス嬢の可能性を信じとるんや…
一生懸命描いたことだけが伝わるモサモサした絵でしたが、なんとなく色々伝わったようで安心しております笑笑
しかしどうあがいても「足立の初恋がエリス嬢」という字面は完全にギャグだと思う。


アバンギャルド・マボ


実はこっそりと小説の方も読ませてもらってました♪(/ω\*)
なんというか声をかけたくても畏れ多いといいますか
勇気を振り絞って声をかけた時分です…
これを期にまたコメント等お邪魔させていただきたいとか勝手に思ってます😌
いちファンとして応援してます。わざわざリプありがとうございました✨


空月


マボ先生……マボ先生(折たく公式)が漫画と文のダブルパンチでファンの心を鷲掴みに……ッッ😂😂😂最高ですありがとうございます🙇🙇足立くんのエリス嬢初恋の話はさらっとネタスパイス的な紹介なのかと思いきやこれだよ……(誉め言葉)色んな感情で心臓ぎゅんってしましたありがとうございます😭😭(二度目)
マボさんが絵に目覚めて下さったなんてそんな……本編とイラスト漫画で二度おいしいので最高じゃないですか(小並感)


みかこ


みかこさん》
コメントありがとうございます!自分が見たい書きたいという発想から生まれた産物を読んで頂けて最高嬉しいであります(真顔)
絵は全然描けないんですけど描くのは楽しいです笑笑 これから上手くなれるかどうかはわからんのですが、ぬるぬるお絵描きもできたら良いなぁと思っております。

(こういうネタも描いてみたかったので絵もちょっとずつやっていきたいです)


アバンギャルド・マボ


(前に頂いた絵にセリフをつけてみました)

アバンギャルド・マボ







鬼滅の刃 文スト 落書き イラスト いいね分け オリキャラ オリジナル アナログ