旅行の時間。…Sahara (Morocco)

旅行の時間。 モロッコ サハラ砂漠
Today:3 hit、Yesterday:0 hit、Total:114 hit

Best : 1 , Updated:


//p02.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2Fd%2Ff%2F0%2Fdf01e4aa367e2aa28bdd99f56fb64c11.jpg&w=600&h=&ext=1&zc=

上の写真は今回の旅行での私のお気に入りの一枚。
サハラ砂漠を写したものです。
ちなみに日本語ではサハラ砂漠と言いますが、元々アラビア語での『サハラ』が砂漠や荒野といった意味を指すため、英語などではThe Saharaなどと称するのが一般的。いわゆるFujiyama Mountain的なアレですね…

…というわけで、今回はフェズに続きマラケシュまで移動しつつ、その中のサハラ砂漠の様子を中心にお届けしたいと思います。

//p01.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2F6%2F4%2F9%2F6493693bd329644e419657bc8975b89f.jpg&w=600&h=&ext=1&zc=

砂漠に到着したのは夕方5時半過ぎ。
この時点で時計が示すように39度という気温です。
太陽は傾きはじめているものの、暑い…
長袖の麻のシャツにストレッチデニム、スニーカー、頭には日焼けと砂防止に薄手のショールを巻きつけ、サングラス…
もはやその様子は怪しい人という他ありません。
ちょっと迷ったけれど、その写真は控えておきましょうね(笑)

写真のように座っているラクダに跨り、ラクダ使いが合図をするとそのままグイッと立ち上がります。
これが結構揺れるのと高さがあるので落ちそうでちょっと怖い(笑)
ご存知かもしれませんが、ラクダは馬などとは違い右前足と右後足、左前足と左後足を一緒に出す歩行方法なので、独特な揺れ方をします。
さらに歩くのは砂の上…たまに足を取られるのでなかなか手が離せません。
写真を撮るのも一苦労(笑)

そうして約1時間。
辿り着いたのは砂漠の中のキャンプ地です。
今回は季節的にもヨーロッパが夏休みに入るギリギリ前ということもあって、貸切♪
お出迎えはもちろんモロッコのミントティーです。

//p01.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2Fe%2Fc%2F9%2Fec985c2aa2821ffa8fb52975d19a1c98.jpg&w=600&h=&ext=1&zc=

砂漠の中のテント…
今回予約したのはちょっとゴージャスバージョン(笑)
ベッド、その横には充電用の電源も完備、そして水洗トイレにシャワー付き。
残念ながら冷房はありませんでしたが、一泊くらい砂漠の風に当たって寝るのもよいでしょう。
そもそもそれをやりたくて遥々ここまで来たんですから!

でもね、夜の9時半でも39度…
風があるのと乾燥しているので暑苦しいという感じはありません。
夕陽が沈んでいく様子を眺めていると、その手前をラクダの群れが…
見渡す限りの砂漠の風景は大自然そのものでした。
夕食はやっぱりレストランテントの中でモロッコ料理。
モロカンサラダにタジン、デザートに出たスイカとメロンがやたら甘かった思い出が(笑)

//p02.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2F0%2Fd%2F7%2F0d70c157068ab1b4bd50f4f1e318d95b.jpg&w=600&h=&ext=1&zc=

風が強く吹きつけていた深夜。
まるで雨のような音に目覚めてみるも雨ではなく、おそらくは砂がテントに当たる音。
それもまた面白い体験でした。
そして翌朝、日の出の時刻に起きられたのは私だけ。
一人でテントの外に出て見ると風が砂に綺麗な風紋を残していました。

//p02.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2Fa%2F6%2F3%2Fa6303bf1d1025e1a550d700b4def72ca.jpg&w=600&h=&ext=1&zc=

砂を触ったり、足跡をつけたり…
やっていることは積もった雪によろこぶ子どもと変わりません(笑)

砂漠を出てそこから先は一路マラケシュへ峠を越えていきます。
水があるところには木が生えて緑が広がって…そんな景色をいくつも見ました。
(写真右2段目や4段目中央)
途中、化石で有名な場所にも立ち寄ってオウム貝や三葉虫などの化石とともに砂漠の薔薇も目にすることができました。
写真左3段目のオレンジのものがその大きな塊。
アラブ系のお話にはたまに出てくるのですが、実物を見られてうれしかったです。

//p02.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2F8%2F4%2F7%2F847226c1db49f4a7657f13bc97984106.jpg&w=600&h=&ext=1&zc=

マラケシュに辿り着く前に、途中ダールと呼ばれる小さな家のような宿泊施設でもう一泊しました。
車が入っていくのもやっとというような場所でしたが、静かでとってもいい宿だったなぁ…
思わずしばらくゆっくり滞在したくなっちゃいました。
ご飯で美味しかったのはケフタと呼ばれるミートボールのようなもの。
写真上段のようにひき肉の塊を千切って並べて炭火焼したり、トマトなどと一緒にタジン鍋で煮たり(2段目右から2つ目)して食べます。

//p01.nosv.org?src=http%3A%2F%2Fs3-us-west-1.amazonaws.com%2Fcell-west%2Fcell.files%2F1%2Fd%2Fa%2F1da71017746db17171944d8643cab284.jpg&w=600&h=&ext=1&zc=

最後はアイト・ベン・ハッドゥ。
日干し煉瓦で作られた建物がひしめく城塞都市であるここは様々な映画のロケ地で有名。
アラビアのロレンス、ハムナプトラ、グラディエーター…
言われてみればあぁ…と思うでしょうか。
ちなみにL'Arc〜en〜CielのPVロケ地でもあるらしいです。

全体的に赤茶色な景色ばかりになってしまいましたが、それも砂漠らしさ(笑)
私はお土産に砂漠の砂を少々頂戴し、小さめな砂漠の薔薇を買い求めました。
この景色を思い出しつつロマンを感じ…られる、かな?(笑)

というわけで、次はモロッコ最終回。
マラケシュの風景をお届けしたいと思います。

LILY


Flag post / Block



まるでプロカメラマンが撮ったみたい!
綺麗な風紋。
ラクダに乗ってサハラをお散歩なんて
やってみたい!
ラクダは立ち上がる時にものすごく前につんのめるような体勢になるからそこで落っこちないように気をつけないといけないと聞いた事あるのだけど本当?
大自然の中でそこ土地の物をたべる。
素敵な旅行だなぁ。
マラケシュのお写真も楽しみにしております。


にのか


にのかちゃん、
素人によるPhoto by iPhoneでもこんな写真が撮れるんだから、実際のその風景たるや…です。
ラクダの立ち上がり、その通りだったよ!
ガックンって揺れるからしっかり掴まってないと落ちちゃう感じ。
下は砂だから落ちてもそこまで痛くないかもしれないけど(笑)
自然の作り出す美しさ、未知の体験、本場の料理…どれもかけがえのない思い出になりました♪
うれしいコメントありがとう(≧∀≦)


LILY







イラスト 落書き wrwrd 宵闇の蛇 鬼滅の刃 アナログ ○○の主役は我々だ! 文豪ストレイドッグス IMPO 実況者 写真 刀剣乱舞 デジタル 〇〇の主役は我々だ! 企画 文スト 狐面 オリジナル らくがき オリキャラ さにー☆彡生誕祭2019 シャオロン FGO 我々だ wrwrd! 誕生日 最終兵器俺達 テニスの王子様 脇差アイドル計画 46葬譚